2007/02/27

新築写真追加

飯能市新築住宅、追加写真



P1010190 



1階ペレットストーブの煙突は、2階を突き抜けて暖かさをムダにしません。二重煙突なので火傷の心配はありません。



P1010120



(煙突工事前の写真になります)



P1010174



2007/02/08

ソーラーハウス補助金

公的補助金 応募者募集



ソーラーハウス新築住宅にうれしいニュースです!



平成19年度「住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業」



本年度はNEDOが窓口となり、住宅におけるエネルギー消費の大幅削減を実現する太陽熱利用などの新しい省エネ技術の調査を目的とし、本年度で9年目をむかえる制度です。補助を受けることのできるシステムは毎年度、技術の新規性を審査され、認定されたシステムに限定されます。ハイブリッドソーラーハウスはこれらの基準を最高レベルでクリアする優れた太陽熱利用技術として評価されています(ハイブリッドソーラーハウス協会)



NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)



  • 補助対象


  1. 申請時に未着工で平成20年2月15日までに工事が完了できる住宅


  2. モニターとして建築後3年間、灯油や電気・ガスなどの消費データをNEDOへ提出できること


  3. 次世代省エネルギー基準をクリアし、かつ「建設住宅性能評価」で温熱環境に関する等級4を取得できる住宅性能であること


  • 補助金額 ソーラー暖房&給湯システム工事費用の3分の1


  • 予算総額を超える応募があった場合は抽選(去年度は約9割当選)


受付期間 3月中旬~4月中旬の予定



当選発表 6月中旬~下旬の予定(決定後、お客様に連絡あり)









2007/02/07

ソーラー床暖房の温度

当社も、ソーラー床暖房中です。土足ですので床は石敷きですが施工方法は、一般のご家庭と同じです(詳しくは当社HPにも掲載してあります)



関東地方は、本日も快晴。太陽は毎日、顔をだし当社のパネルにたくさんのエネルギーを蓄えてくれています。



100_0006_2 



上段は、最高設定温度>現在温度>最低温度を表示



下段は、時刻、水温26℃を表示



パネル右画面には、太陽マークが点滅。これは、太陽熱を使っていますよー!と表示しています。の日、床温度が設定より低ければマーク(補助ボイラーが働いている)状態を表します



補助ボイラーの灯油はできるだけ使いたくはありません。そこで太陽が出ている時間は、設定温度を上げ高い床温度を保つようにします。パネルを見ては、「よしよし、どんどん上がってるっ」とにっこり



暖冬とはいえ、外は冷たい風が吹き12℃。



現在、午後2時。パネルは、29.2℃、実際床温度は27℃を表示。



100_0002



床にカーペットを敷いて靴を脱いでパソコンを打っています。やはり足元が暖かいとぜんぜん違います。



エアコン(暖房機)の電源は入れていません。以前はエアコンの風で乾燥しがちだったのに、ここ数年は肌荒れもありません。何よりも無音です。



またホットカーペットのジリっとした熱さとは違い、低温やけどの心配もありません。



暖冬とは言え、今年はソーラーパネル大活躍の冬です!ぜひこの機会に、体感ください。現在、見学会も開催中です。